ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人とわたしのことを綴っています。

【おでかけ】NHKスタジオパーク

娘が1歳になってから見ているEテレの幼児向け番組。
そういえば施設見学もできるんだっけ、ということで、娘も歩けるようになったし、1歳3ヶ月ごろに行ってみたのが始まりでした。

 

f:id:kerorimpa:20180217235416j:image


公式ホームページ http://www.nhk.or.jp/studiopark/

 

◼️住所
東京都渋谷区神南2-2-1 NHKスタジオパーク

 

◼️広さ
子連れでも、半日で回れる広さです。
ディズニーランドのように1日中いるようなところではないと思います。

 

◼️入場料:200円
無料公開デーもあります。何回でも行きたくなる安さです。

 

◼️中の様子
歴代の大河ドラマや朝の連続テレビ小説コーナー、ニュースコーナーやアニメ、キッズコーナーなどがあり、あらゆる世代やジャンルに対応しています。昔の放送を視聴でき、さすが、半世紀以上の歴史を誇る国民的テレビ局、というところでしょうか。大河ドラマや朝ドラのセット模型、そして個人的に気になっていたお天気キャラクターなど、見応えたっぷりでした。

 

◼️子連れに嬉しいところ
これはもう何と言ってもおかあさんといっしょのキャラクターがいることだと思います。
スタジオパーク外の壁からNHKの心意気を感じることができます(笑)壁にキャラクターの巨大な顔があるんです。娘は喜んで駆け寄って行っていました。

f:id:kerorimpa:20180217235503j:image
また、中にはおかあさんといっしょのお兄さんお姉さんが歌を歌っていたり、体操のお兄さんがブンバボーンしてくれるスクリーンがあります。すぐそばにはボールを穴に入れて遊ぶパッコロリンスペースや、いないいないばぁ!、みぃつけた!のコーナーもあります。

飲食ができる休憩所(自販機有)や、所々にベンチがあります。ここで休憩して、娘におやつを食べさせていました。出口付近には軽食屋さんもありますよ。
ベビーカーと一緒に入れる多目的トイレがありますし、おむつ交換台もあります。もちろん、授乳室もあります。

 

◼️さいごにひとこと
スタジオパークへの行き方はJRであれば原宿駅から行くか、渋谷駅から行くかになります。個人的に原宿で降りて代々木公園の横および中を通って行くのが好きです。都会は狭くてごちゃっとしていますが、代々木公園は広くてのびのび歩くことができるためです。
「スタジオパークへの近道」として代々木公園の中を歩いた後、NHKホールの横を通って行くこともできます。しかし、こちらを通ると、おかあさんといっしょのキャラクターの巨大な顔を拝顔することはできません(´ω`)(でも、警備員のおっちゃんは爽やかに挨拶してくれました・笑)