ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人(2020.4〜青森に単身赴任中)とわたしのことを綴っています。

【読書】読んだ本とその感想

唐突に始まるよ。

読んだ本いろいろ。

 

 

技術と格闘した男・本田宗一郎

本田宗一郎という人の人間の温かさを感じることができた本。取材も非常に熱意を持って取り組まれたことが伺えた。

やはり技術は面白いし、厳しさが求められるけど、人は心を忘れてはいけない。仕事復帰前に読めてよかった。

 

 

 

松下 幸之助 (北康利の伝記シリーズ 子どもに語りたくなる偉人伝 1)

「子どもに伝える偉人伝」ということで、感情面が詳しく記されていたように思う。生い立ちや取り巻く環境は分かりやすく書かれてあった。

経営者としてのノウハウは別の本を参照しよう。

 

 

江戸の天文学  渋川春海と江戸時代の科学者たち

強固な輸入制限や思想の不自由があった中で、外国語の本を読み解き星を観測して暦や地図を作り上げた熱意たるやいかばかりなものか。本編も面白かったがコラムも良かった。

「おやつ」の由来や陰陽師として有名な土御門(安倍)家の末路が書かれてあった。

 

——————————————
もっと読みたいなと思って、昨日、図書館に行ったら休館日でした。

今日また行ってみようっと。