ささやかな日常

現在育休中の三姉妹母の日常や思ったことなど徒然に。

【雑記】退院しました

人生で初めて病気で入院・手術をしました。

▽前回の記事

手術後6時間は麻酔が効いていて動けませんでしたが、翌朝には尿の管が取り外され、
夕方には点滴も抜けました。
自由に歩けるようになる、そのときの解放感ったらなかったです。


術後の回復も順調で、
微熱こそ出ましたが、長くは続かず
体調が落ち着いているため
予定より早く退院できることになりました。


お世話になった主治医殿(私と同年代っぽい)、
病棟の明るい看護師さん(手術後、髪をまとめていたネットを取ったとき、ボンバーヘッドになった私を見て爆笑していました。私も爆笑)、
病室が一緒だった気さくでおしゃべりなお婆さま方(でも病状はひどく深刻で大手術だったり、緩和療法を必要とする方々)、
本当にありがとうございました。
初めての病気での入院・手術は、決して痛くて(病気自体は痛かったけれど)暗いものではありませんでした。
良い経験となりました。


タクシーで帰宅し、
昼食はささやかながら、主人と退院祝いでお寿司を食べに行きました。
f:id:kerorimpa:20210319133405j:plain


ーーー
入院前は
4歳の長女が私のお腹を触り
「おかーさんのお腹、左は柔らかいけど、右はかたいねぇ」
と言っていました。
右尿管に結石があり、水腎があったためです。
(ちなみに、私自身が触ってもよくわかりませんでした)

手術を終え、
石は取り除かれましたし水腎の症状もなくなったので、改めて長女に「おかーさんのお腹、どう?」と触ってもらったところ、「どっちも柔らか〜い」とのこと。

長女が医者になる未来が見えました(笑)

「でも、お母さんのお腹にストローみたいなのがはいってるから、後で抜くんだけど、それまではお母さんのお腹にやさしくしてね」と言っています。