ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人(2020.4〜青森に単身赴任中)とわたしのことを綴っています。

【子育て日記】長女4歳保育園が変わった話

気がつけば、もう5月も半ばになっていますね。
どうもこんにちは、けろこです。

なかなか記事が書けてないですが、元気に過ごしています。

4月から長女の通う保育園が、「分園」から「本園」にかわりました。(分園は3歳児クラスまでのため)

長女4歳は最初のクラスへのとけこみこそスムーズだったのですが、4月2週目〜3週目ごろになると、「保育園、いやなの。。」「やすみたい」と言うようになりました。

日曜夜〜月曜朝になると
「保育園行きたくない」「お母さんがいい」と言って私にしがみついています。
毎日、「あと保育園何日行ったら休み?」と指折り数えて、5日間の登園を頑張っています。

本人と向き合って話し合ってはいます。
単に「お母さんが仕事だから保育園に行って欲しい」だけだと、こちらの都合を押し付けているだけなので、なぜ、保育園に行ったほうがいいのかももう少し噛み砕いて伝えています。
本人が保育園が嫌な理由も引き出すようにしました。「心配なことや嫌なことがあったら、お母さんも一緒に先生に言ってあげるから」と、安心感を持たせて、、。

納得して保育園に通って欲しい。


分園から本園に入ったお友達は7名→4名と半分くらいになってしまい、かつ、本園は広いですし、クラスの規模が分園の時と4倍くらいになってるので、長女も毎日誰と何やったか覚えてないくらい目まぐるしいようです。
先生方も子ども達に引っ張りだこでなかなか大変そうです。

一方、次女はもともと本園に入園していたので、去年からクラスは持ち上がりです。
なので何も心配はしていないんですけどね。

長女の気持ちを受け止めてどっしりと構える。
理想はそうなのですが、現実はというと、心の中は穏やかじゃなかったりします。。
目の前でしがみついて泣かれると心は揺らぎますし、意地でも行かないという態度をとられると困ってしまい、ついつい怒って乱暴な言い方になってしまっています

親も人だから怒る時もあるし、機嫌が良い時もあるので、機嫌がいい時に溺愛(←笑)して怒ったときとのバランスを保とうとしている私です(笑)

慣れるペースには個人差があると、頭では重々承知しているのですが、早く慣れて欲しいなぁと思う部分もあり、、
いや、でも、長女は長女なりに頑張っているので、(家ではあまり話しませんが、新しい友達は何人かいるのは判明しているので)背伸びせずに、今頑張ってることを十分認めてあげないとなぁとも感じています。


気がつくと長女が既に4歳になっていて、私、自分自身の4才〜5才くらいの頃の記憶が僅かながらにあるので、成長して大きくなったときに「私4歳の時こうだったよね」とか思い出すんだろうなーなんて思ってたりします(笑)

何が言いたいかというと、大変だけれども今という時間はもどることができないので、「今を大事にしたい」なーと。

なんだかまとまりのない話ですみません。


先日、長女が「昨日の昨日、『お母さんの日』だったの、知らなかったの。今からでも間に合う?」って言っていました。
なんかその言葉だけで嬉しすぎました。


余談ですが、
ミニトマトの栽培を始めました。
種を撒いてから約1週間、小さな芽が出てきました。
嬉しいですね。
小さな芽を見守っていきたいと思います。
f:id:kerorimpa:20210515042218j:plain

【子育て日記】たまに自然と本物に触れたい

少し前にいちご狩りに行きました。
去年は行かなかったので。


ここ1ヶ月くらい休日も在宅勤務していると、家族と一緒にいるけど遊べないという日があって、子ども達に申し訳なく感じていました。
それで近場でパーッとしたいと思い、行ってきました。

f:id:kerorimpa:20210429154150j:plain

私は前半はイチゴを摘む専門。
後半になってから子ども達が食べなくなったイチゴをたくさんいただきました❤️
次女2歳は15分で飽き、リタイア。(早!)
長女4歳は少しだけ自分でイチゴを摘みましたが、最後まで練乳かけて食べる専門でした。(笑)


その後はイチゴ農園の近くにあった小規模動植物園でマッタリ過ごしました。

都会の人混みの中のわちゃわちゃした動物園とは違い、のんびり過ごせて、良い息抜きになりました。



日々引きこもって仕事ばかりしていると、ちょっとね。画面越しに相手を感じるけど、やっぱり、自然を、本物を感じることで、まともな感性に戻る気がする。
なかなかに外出が難しい状況だけど、、たまには、自然を、本物を感じることは必要よね。

【子育て日記】長女とみたらし団子

久しぶりに休日出勤しない週末。

おだんご好きの長女(4歳)とみたらし団子を作りました。
買い物ついでに上新粉白玉粉を購入。
砂糖と水を混ぜてこねこね。
f:id:kerorimpa:20210417151501j:plain

お湯を沸かして茹でて
f:id:kerorimpa:20210417151508j:plain

水と砂糖と醤油と片栗粉でタレを作って出来上がり
f:id:kerorimpa:20210417151511j:plain

竹串はなかったので刺さずにそのまま食べました。
2歳の次女も「おいしいよ!」とパクパク。
一瞬でなくなりました。。。


作るの簡単だし
粉はまだまだ残っているので
また作ろうと思いまーす。

ここ最近の自分を振り返ってみて
最近あまり子育てに関する記事が書けていないなぁ、と反省。。
仕事は忙しいわ、でも残業はできないわ、主人は単身赴任2年目突入(必然的に私の平日ワンオペも2年目突入)だわ、進級シーズンで娘は情緒不安定になるわ、家は散らかりまくりで完全に回ってないですが、なんとか元気に過ごしています。
私の病気の治療も、今月上旬にステント抜去して完全に終了しました。
何はともあれ、健康第一ですね。
子育て記事については時間を見つけて、また書きたいと思います。

【雑記】忙しくても忘れたくないもの

なんだか仕事が忙しくて、ここ3週間くらい休日出勤しています。
主人が単身赴任中なので、平日、私1人で娘2人の育児をしなければならないため、平日仕事は残業ができず、休日にそのツケが回ってきている状態です。

せっかく主人が戻ってきている休日に仕事をしなければならず、(在宅勤務をしており、一応家にはいますが)家族で一緒に過ごせないのは心苦しいです、、。

でも、先日、
いい天気だったので家族で公園に行き、娘たちは思いっきり遊び、私も穏やかな時間を過ごすことができました。


家族の笑顔があることは幸せだなぁって。
なんだか幸せで胸がいっぱいになりました。
この時間を忘れちゃいけない、と強く思いました。
とても綺麗な桜でした。

f:id:kerorimpa:20210404011351j:plain

【子育て日記】新生活スタートの4月

あれよあれよと4月になってしまいました。

簡単に近況をば。

・長女、分園を卒業し、本園に合流する
これは入園する3年前から分かっていたことなんですけど、長女の通っていた保育園の分園は3歳児クラスまでなんです。
それで、4歳児クラスからは本園と合流するんです。(特に転園手続きは必要なし)

長女が今まで通っていた分園は、1〜3歳児クラスまで全員合わせて21人という、とてもこじんまりしていて家庭的な雰囲気の保育園でした。
一方、本園は1歳児クラスだけでも20人以上いるというマンモス保育園です。
次女は去年から本園に通っています。

物理的にも、分園は本園と離れていて、次女が保育園に通うようになった去年から、私は毎朝2ヶ所の保育園に自転車で子供たちを送迎していました。




それが、3月31日を以て終わりました。

長女の分園生活。
3年ではありましたが、いろいろな思い出があります。
1歳半で入園し、お昼寝の時、家でもしている入眠の儀式「手をさする」を保育園でもしながら寝ていったこと。
2歳の間もない頃に次女が生まれ、次女を抱っこしたりしながら一緒にバスに乗って登園・降園したこと。
次女が乗っているベビーカーを押してくれながら、公園を歩き、いろんな話やごっこ遊びをしながら帰ったこと。
公園の砂場から離れるのが嫌で大泣きし、私は次女を抱っこしているのに長女をおんぶして歩いて帰ったこと。
朝、早めに家を出て、新しい靴を履いて公園で少し遊んでから保育園にいったこと。
お楽しみ会で、おおきなかぶ、3匹のこぶたをしたこと。
次女が歩けるようになり、一緒に公園で遊んでから帰ったこと、遊ぶ時間を守れるようになったこと、
雨がひどい日は自転車に乗るのことを諦めてタクシーで登園・降園したことなどなど、、


保育園の担任の先生も1歳児クラスから持ち上がりで3年間同じ先生でした。
特に3歳児クラスでは、子供たちが夢中になるような忍者修行の企画や物語を作ってくださり、みるみる子供たちがそれにハマっていく様子が分かりました。


私も教育者の端くれの仕事をしていますが、教育というのは、「教える」だけではなく「育てる」ということが必要で、
この、幼少期の大事なだいじな時期、まぎれもなく、保育園の先生方に、長女を育てていただいたと感じています。
主人が単身赴任になりワンオペ育児で子供のことに悩んでいる時や自分自身のことについて、いろいろと話を聞いていただいたり、心配していただいたりしました。
とても支えになりました。


そんな分園の先生方に、少しでも感謝の気持ちを伝えたくて
3月31日、花束を持ってお別れの挨拶をしに行きました。
いざ、先生方を前に別れの挨拶をすると、涙が出てきました。
涙腺弱くなっています。


4月1日から長女は本園に通っています。
本園の4歳児クラスは全員で29人です。(今までと比較すると、、4倍近く!)!(◎_◎;)
本園での生活をし始めて2日経ちますが、最初は緊張していたものの、自分から声をかけて友達の輪に入っていったり、新しいお友達や先生と思いっきり遊んでいるようです。
でも、分園のことが懐かしくて、寝ているときには、分園のお友達と和気あいあいと遊んでいる夢を見るとのこと。

そりゃそうだよね。

長女よ、
母はあなたの気持ちをドーンと構えて受け止めてあげるよ!
友達関係で悩んだ時は一緒に悩もう。
これからも一緒に歩んでいこうね。

【子育て日記】思いついたこと徒然

今日は一日雨、風の強い日でしたので、家で過ごしました。

こないだTomizで見つけて、買いました。
我が家の4歳長女は桜もち好きなのです。
雨で外出できなかったので、一緒に作ることにしました。
f:id:kerorimpa:20210321144935j:plain

所要時間は30分と書かれてありましたが、
7割がた長女が作ったため、もう少し時間がかかったかな。
f:id:kerorimpa:20210321194437j:plain
形が歪なのはご愛嬌。
喜んで食べていました(^^)
が、最後は「葉っぱがしょっぱくて食べれない、、」というので私がペロリといただきました♪

ーー
そうそう、私が入院している間の丸々3日間、
私が全くの不在で、主人が1人で娘2人の育児をするという初めての経験でした。

一日目は長女が寂しがって泣いていたとのことでしたが、
二日目、三日目は泣くことはなく、我慢して過ごしていたとのことです。
ちなみに次女は、不在の私のことが気になりつつも特に寂しがるようなことはなかったようです。

今回の経験で
もう私がいなくても主人は保育園に娘たちを送迎できるし、連絡帳も書けるし、
朝晩のご飯も作れるし、お風呂歯磨き寝かしつけも大丈夫だな、と安心しました。
頼りになるパパになって、、(感涙)


ーーー
めちゃくちゃ余談ですが、
光回線工事しました。
在宅勤務するのに我が家のネットワークが弱く、業務に支障があったので、思い切ってauひかりに申込みました。
申し込みから約2週間で使えるようになり、高速ネットワーク環境に大満足しています❤️

【雑記】退院しました

人生で初めて病気で入院・手術をしました。

▽前回の記事

手術後6時間は麻酔が効いていて動けませんでしたが、翌朝には尿の管が取り外され、
夕方には点滴も抜けました。
自由に歩けるようになる、そのときの解放感ったらなかったです。


術後の回復も順調で、
微熱こそ出ましたが、長くは続かず
体調が落ち着いているため
予定より早く退院できることになりました。


お世話になった主治医殿(私と同年代っぽい)、
病棟の明るい看護師さん(手術後、髪をまとめていたネットを取ったとき、ボンバーヘッドになった私を見て爆笑していました。私も爆笑)、
病室が一緒だった気さくでおしゃべりなお婆さま方(でも病状はひどく深刻で大手術だったり、緩和療法を必要とする方々)、
本当にありがとうございました。
初めての病気での入院・手術は、決して痛くて(病気自体は痛かったけれど)暗いものではありませんでした。
良い経験となりました。


タクシーで帰宅し、
昼食はささやかながら、主人と退院祝いでお寿司を食べに行きました。
f:id:kerorimpa:20210319133405j:plain


ーーー
入院前は
4歳の長女が私のお腹を触り
「おかーさんのお腹、左は柔らかいけど、右はかたいねぇ」
と言っていました。
右尿管に結石があり、水腎があったためです。
(ちなみに、私自身が触ってもよくわかりませんでした)

手術を終え、
石は取り除かれましたし水腎の症状もなくなったので、改めて長女に「おかーさんのお腹、どう?」と触ってもらったところ、「どっちも柔らか〜い」とのこと。

長女が医者になる未来が見えました(笑)

「でも、お母さんのお腹にストローみたいなのがはいってるから、後で抜くんだけど、それまではお母さんのお腹にやさしくしてね」と言っています。