ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人(2020.4〜青森に単身赴任中)とわたしのことを綴っています。

【子育て日記】育児を少しお休みした日

毎日、朝は8時半頃、次女を抱っこして家を出て保育園に長女を連れて行き、
昼間は次女のお世話と夕飯の支度。余力がある時は買い物に行き、
夕方16時頃になると、次女を連れて保育園へ長女をお迎えに行く。
お迎えの後はそのまま、公園や児童館でひと遊びして18時頃に帰宅する。
帰宅したら夕食、からの長女のトイレ、お風呂、着替え、ドライヤー、歯磨きそして寝かしつけ。
合間に次女の授乳、オムツ替え。眠たい次女の抱っこ、など。
主人は平均して20時半〜21時前後に帰宅することが多いので、早くても私たちのお風呂が終わったあとに帰ってきます。
それまで毎日ワンオペ育児です。

約3ヶ月間、毎日、こんな風に過ごしてきて
私は一番近くで娘たちの成長を実感できていて
充実してるっちゃしてるんですが



ちょっと息切れしてきました
体力無いもので、、。


6月も半ばを過ぎた頃
主人におそるおそる

「あのー、育児を1日お休みしたいです」

と休暇申請をしました。


その後、主人と相談し日を決めて
迎えた当日


主人「いつも何するにしても次女と一緒やろ?今日は帰宅時間を気にせんで。長女のお迎えは次女連れて僕が行くし」


主人の優しさに
涙がでそうやった。
思わず抱きつきました。


そして行きたくてもなかなか行けなかった銀座へ。

少し買い物した後、次女のアルバムをfamiliarで注文し、木村屋で一人ランチして帰ってきました。




外出した時間は4時間(交通機関に乗っている時間含む)ほどで、あとは家にいました。
帰宅したら思いのほか疲れがドッと出て、動けなかったので横になって休み、
体力が回復したら、やりたくてもできなかった花瓶の水替えや掃除、長女のアルバム作成をしていました。
長女のアルバムは、まだ0歳児の頃から作成が止まっており、ようやく10ヶ月頃〜一歳の誕生日のあたりまでの写真を貼ることができました。
現在、長女2歳8ヶ月、、あと一年以上の写真が貼れていません、、(滝汗)
次女のアルバムも作りたいのに、、時間の確保が、、orz


そんな間に、主人は次女を連れて、長女の保育園のお迎えに行きました。


18時過ぎに主人と娘2人が帰宅してからは、休日の夜のように家事育児を分担して夜の寝かしつけまで行い、
いつもより大人は早い時間に就寝することができました。


ーーー


今回、次女が生まれて初めて、主人と相談して育児を少しお休みする日をいただきましたが、

全く育児をしないというのは無理だと感じました。


授乳しないとおっぱいは張って痛いし
1人の時間をもらっても、結局、娘のことを思って娘の買い物したりアルバム作ったりしてる。
更に、夕食の時の娘の介助や入浴などは分担して行うことが身体に染みついているので
主人や娘が帰宅してからは自然と家族と向き合っていました。

とはいえ、日中は保育園への送迎を主人にお願いできたので、
時間を気にせず横になってゴロゴロしたり、好きなことができました。
本当に嬉しかったし、助かりました。


主人も有給休暇が余ってるみたいだし
また、こんな日があってもいいよね、、?!


主人は、私が「育児休みたい」と言ったら、不審げに「なんで」と言ってきて。
それがちょっと怖くて、「休みたい」ということがとても悪のように感じられたけど、勇気を出して、自分の気持ちを言ってみるもんです。
その時、自分が被害者であるかのように言ってしまっては関係がこじれるので、あくまで自分がしんどいと感じていることを伝えました。



さて、これからまた通常モードな日々です。
頑張ります。