ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人(2020.4〜青森に単身赴任中)とわたしのことを綴っています。

【子育て日記】2歳児のママっぷり

いつか読もう、読もうと思って
机の上に置いていたONE PIECE 93巻
を見て長女が言ったセリフ。


「おかーさん、プリキュアある!(*゚∀゚*)」

おぬし、いつの間にプリキュアを知ったのだ、、?!
(家ではアニメを見ていないので、きっと保育園)



そしてまだONE PIECEは読めていない。

どうもこんにちは、けろこです。



さて、今回の記事は

長女(2歳)と次女(0歳)の関わりについて。
イヤイヤ言ったりする中でも、あなたの優しさをちゃんと感じているよ。



「次女ちゃん、ちっちゃーーーい❤️」
「ほらっ、笑ってくれた!」

「長女ちゃんがミルクあげる」
「長女ちゃんがオムツ持ってくる」
「次女ちゃんのごはん、長女ちゃんも手伝ってくれる!」

「次女ちゃん、ねんねしてるから、シーッだよ」
「長女ちゃん、そーっと歩けるよ」


(ぬいぐるみを抱っこしてユラユラしながら)
「長女ママなの」

(服をペロンと胸までめくり、ぬいぐるみを自分の胸に押し付けて)
「おっぱい飲んでるの。かたっぽはまだなの」

(泣いている次女に)
「次女ちゃん、ここにいるよ」
「次女ちゃん、◯◯が怖いのかなぁ。。怖くないよ」

「もう少し大きくなったら遊ぼうね」
「もう少し大きくなったら食べようね」

「次女ちゃん、ほらっ、見て!アンパンマンだよ!」
「次女ちゃん、〇〇だよ!」


(次女の写真を撮っていると)
「長女ちゃんの写真も撮ってーー!」
割り込んでくる・笑


そういえば、次女の寝返りに最初に気づいたのは長女だったなぁ。
手を握ってくれたり、お腹トントンしたり、足を触ったりと触れ合いも多いです。
次女も、長女のことをとても興味深げに見ています。
嫉妬やら葛藤やらあるだろうに、次女が大泣きしていても、それを責めたりすることなく、こんな風に優しく接してくれる長女はとても有難い存在です。