ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人とわたしのことを綴っています。

【子育て日記】こどものとも年少版

長女(3歳3ヶ月)に読んであげる絵本について、昨年12月以降、掲題の「こどものとも 年少版」を図書館で借りてきて読んであげています。

月毎に出版されており、内容も豊富です。
「年少版」とあるように、対象が3歳くらいの子供なので、長女にぴったりな感じ。
1冊も薄いので、たくさん借りても重くない!


ーーー


私は隔週で図書館に行くのですが、
「このレベルの本で、娘は喜んでくれるだろうか」と悩みながら内容を確認して、絵本を選択しています。。

しかし、毎回、途方もない数の絵本を前にしてなかなか選びきれず、時間ばかりが過ぎていきます。


オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ)

オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ)

血迷って(!?)オニのサラリーマンとか借りてきてしまった 笑



3才になってから長女に読んだ絵本としては、
ネズミくんのチョッキなどのネズミくんシリーズを数点、11匹のねこ、
赤ずきんちゃん、狼と七匹の子やぎなどのグリム童話
ネズミとライオン、アリとキリギリスなどのイソップ童話
ももたろう、さるとかにといった日本昔ばなし
ディズニーのリトルマーメイドやアラジン、ラプンツェルなど



でも、絵本って
我が子の発達の段階に応じたものを選ぶのって難しくないですか、、?

もう少し大きくなったら、楽しめる絵本も増えるのだろうけれど。

読む絵本を長女に自分で選ばせる、という方法もあるかと思います。
しかし長女が選ぶと、アンパンマンノンタンばかりになりそうなので、私が選んでいます。
(その代わり、毎日行く児童館で、時々彼女の選んだ紙芝居を読んであげています)



そんな訳で
私はまだ家や保育園で読んだことのない絵本を、手っ取り早く図書館で借りたい
という願望があります。




そこで、図書館の司書さんに相談したところ
掲題の「こどものとも 年少版」をお勧めされました。

しばらくこちらにお世話になりそうです。



あとは、、興味があるのはチャイルド社が出している月刊絵本。
親戚からのお下がりで、もこちゃんチャイルドの絵本、一年分が家にあるのですが、長女はこれを気に入って、今でもよく読んでいます。
ちょっと資料請求してみようかな、、。