ささやかな日常

2016年に生まれた長女と、2019年に生まれた次女、そして主人(2020.4〜青森に単身赴任中)とわたしのことを綴っています。

【子育て日記】在宅勤務と長女の成長

少し時は遡り、先週のお話。
朝晩の気温が下がり、我が家の娘たちは見事に活発になった蚊の餌食になり、更に風邪をひきました。

月曜日は1歳の次女だけ鼻水が出ていたのですが、火曜日、3歳長女のくしゃみが止まらず、忍たま乱太郎のしんべえのような状態に。

長女は夜には寒い寒いを連呼して長袖着用して寝るもグズグズ。
水曜日、長女はいつもより体温が高かったので(朝の時点で37.5℃)保育園をお休みしました。

とはいっても、私はやらなければいけない仕事があったので、長女のいる中、午前中のみ勤務で午後はお休みにしました。

私の勤めている会社は、もう在宅勤務が当たり前で、長女は私がパソコンに向かって仕事をする様子に興味津々。
私がワイヤレスイヤホンマイクを使って打ち合わせの電話をしていると、マイクが後ろで長女がピコピコハンマーで遊んでいる音を拾ったらしく、チームメンバーから「あっ、お子さん後ろにいらっしゃるんですね(笑)」と和やかな雰囲気になりました(笑)

しばらくすると、退屈になった長女は「おかーさん、まだー?長いよー」と話しかけてきて、それを拾うマイク(笑)
バッチリ相手に聞こえてますよ、、/(^o^)\
打ち合わせ相手が社内のメンバーで良かった、、。

昼近くになり、お腹減った!を連呼する長女に「あと30分したらお仕事終えてうどん作るから!」と言い聞かせてなんとか業務終了。

それからは
うどんを2人で食べて、
検温して(昼の時点で37.7℃あまり上がらなくてよかった)
2人でお昼寝して
2人でおやつを食べて
私はゆっくり夕飯の支度や洗濯物を取り込んだりして


なんかすごく平和でした



夕方、次女をお迎えに行き
その後も家でゆっくり過ごすことができました。
夜、少し長女の具合はしんどそうに見えましたが、木曜日は風邪の症状は残るものの熱は平熱にもどったため、登園しました。


4〜5月の保育園休園期間は育休中で、6月から復職したため、今回、初めて子供と一緒に在宅勤務をしましたが、正直な感想は今の状態なら、半日なら子供と一緒に在宅勤務できるけど、1日は無理。長女だけならいいけど私1人で子供2人と一緒は厳しい。ということです。


長女と2人きりで過ごすと、随分と聞き分けもよくなり、扱いやすく(笑)成長したなぁと感じます。
そりゃあ、去年は長女はまだ2歳で、イヤイヤ期と赤ちゃん返りのダブルパンチ、かつ、自分のことがうまくできない不器用さがかなりありましたからね、、


それでも、一日中子供と一緒に在宅勤務となると、集中力が切れます。それを許容してくれる社会であれば、ありがたいです。


この在宅勤務の時間を一緒に過ごしてからというもの、朝の保育園登園の支度やら食事やらでバタバタしていて「おかーさん、今日、お仕事なの。だから保育園だよ。早く朝ご飯食べてぇ〜」とか言おうものなら、長女から「お母さん、おうちでお仕事でしょ?ならいーじゃん!」と言われるようになりました。



ならいーじゃん!って、、、。

出社しないんだから急かさなくてもいーじゃん、という意味のようです。
あなたも言うようになったわよねー。笑